サクサクはかどる仕事効率アップ方法

小さな努力で大きな成果を生む

集中を持続させる方法について

時間をうまく使うことで仕事を効率的にしていきたいと思う方は多いと思います。 ここではまずその意識を固くするためにおすすめの方法を紹介しようと思います。 ここでご紹介していくのは、仕事を先取りしていくことです。 自分でペースを作り出すことで、仕事を効率的にしていきましょう。

時間割を組む

ここでは、仕事をしていく上で必要になってくる、集中を続けさせる方法について見ていこうと思います。
多くの方が集中し続けることができなくて、仕事がはかどらないという悩みを持っているのではないでしょうか。
ここで集中するための方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、時間を細かく区切ることです。
人の集中力はそもそもそんなに長い時間続くものではありません。
そこで、時間を細かく区切って、作業する時間と休憩する時間を設定します。
たとえば25分の作業時間と5分の休憩時間を設定して、タイマーをセットするとわかりやすいでしょう。

また他のことにはその作業が終わってから手をつけるという方法もあります。
作業をしている内に、これもやらないとと思い出すこともあると思います。
しかしそれに新しく取り組み出すと、集中は長く続きません。
一つの作業に集中して、途中で思い出したことはノートやふせんに書き出しておいて、後で取りかかるようにしましょう。
こうすることでぐっと作業に集中することができます。

一つポイントとしては、どんな作業をしているときでもタイマーに従って休憩を取ることです。
もう少しやりたかったという場合もあるでしょうが、休憩する時間は休憩しましょう。
これをやれば終わるという気持ちが残っていれば、次の作業をする時間にも集中することができます。
また疲れたままの状態では、あまりいいパフォーマンスをすることができません。

こんな方法で集中する時間を作り出すことができるので、ぜひ試してみてください。

おすすめリンク

自分の行動を記録する

1ページ目の内容を読んだ方は、きっと時間の使い方について予定を立てていこうと思っていることと思います。 しかし、その計画が本当にうまくいっているか、どのように確認するのがいいのでしょうか。 疑問に思う方もいらっしゃると思います。 ここでご紹介していくのは、そんな時に役立つ時間の使い方の確認方法です。

探す時間を減らす

せっかく仕事をしようと思っても、次から次へと必要な作業が出てきてしまって本当に仕事ができるのは何分も後。 そんな事態は避けたいものです。 ここではそのために役に立つ、無駄な時間を削減していく方法についてご紹介していきます。 集中して仕事ができる環境を整えるために、ぜひこの内容をチェックしてみてください。