お水から毎日の暮らしをもっと豊かに!

>

あなたに合ったウォーターサーバーとは

RO水はコスパの水!?

RO水の元は水道水でしたね。
濾過をする際にカルキなどの薬品だけでなく、ミネラルまでも取り除いてしまうため、カルキ臭も味もない真水に近い状態に仕上がることになります。
業者によってはそこに再びミネラルを付加し、天然水に近い状態で売り出すのです。
ではその業者は何故最初から天然水を使わないのでしょうか?
秘密は製造コストにあります。

天然水は美味しい水の湧いているところから水を引いてきますから、拠点を水源近くに置く必要があります。
必然的に水源から離れた場所での販売は難しい上、配送コストは高くついてしまうのです。

対してRO水はいわば全国の水道局が水源と言えますから、至る所に拠点を設けることができ、配送コストが安く済むのです。
その上天然水が被害を受けやすい土壌汚染などの影響を受けにくいため安定した水の確保が可能なのです。
だからこそRO水を採用する業者が多く、また料金を安く抑えることができるのです。

美味しい水ってどんな水?

自然のミネラルを豊富に含み、水の美味しさを味わうことのできる天然水。
魅力は遠く離れた地にある名水を味わえることでしょう。
富士山麓の名水を自宅にいながら味わうことができる。
ロマンがありますねぇ。

また水源による個性の違いも天然水の魅力でしょう。
異なる水源であれば、ミネラルの含有量も異なってきますから、当然味に微妙な違いも出てきます。
天然水を飲み比べて自分好みの天然水を見つけ出すのも楽しみの一つですね。

日本の水は世界的に見るとミネラル含有量が少ない軟水に属します。
素材を生かした料理や飲料に適している軟水は、多くの日本人にとって美味しい水ですが、中には独特な苦味を好み硬水を美味しいと感じる人もいるでしょう。
日本の天然水には硬水はありませんから、RO水を選ぶことになりますね。

天然水から好みの味を探すのか、ミネラル含有量で大きく味を変えることのできるRO水から好きな味を探すのか。
あなたはどっち?


この記事をシェアする