サクサクはかどる仕事効率アップ方法

>

集中を持続させる方法について

先取りを始めてみよう

仕事の効率を上げていきたいと考えている方は多いと思います。
しかし、何から始めていいかわからない。
そんな方も多いと思います。

そんな多くの方が実践できる有効な方法として、仕事の先取りがあります。
これは、出勤する時間を少し早くすることで、その後の仕事を簡単に片付けていけるようにするというものです。

そしてその時間についても、無理のない範囲から始めていけばよいのです。
たとえば10分早く出勤することができれば、その日にやることを整理することができますよね。

またその時間になれてきたら、だんだんと出勤する時間を早くしていきましょう。
使える時間が増えていけば、それだけ自分のために使うことができる時間も増えていきます。

無理のない範囲から始めて、徐々に自分の時間を増やしていきましょう。

一日の使い方の比率

先ほどの方法を使っていくと、だんだんと自分のために使うことができる時間が増えていきます、とご紹介しました。
しかし、ここには意外な落とし穴があります。
それは、仕事をしすぎる、または遊びすぎるという時間のバランスが悪くなってしまうと言うことです。

そこで、気をつけていきたいのが、時間のバランス。
その目安として、仕事をするための時間、スキルのために使う時間、遊びのために使う時間、この3つについて時間を割り振るといいと言われています。
仕事のために使う時間としては、目の前にある仕事を処理する時間などが当たります。
スキルのための時間には、資格取得のための勉強や人脈構築などが含まれるでしょう。

この3つについて、1日で使える時間を意識して割り振ると、充実した1日を過ごすことができると思いますよ。