サクサクはかどる仕事効率アップ方法

>

自分の行動を記録する

隙間の時間を活用しよう

時間を有効に使おうとしたときに、とても役に立つのは自分の時間の使い方を記録しておくことなのだそうです。
それは、計画と実際の所要時間との誤差がだんだんと見えてくるようになってくるからです。
最初は計画と実際の所要時間との誤差に、驚くことと思います。
しかしそれを続けていくと、より正確に時間を設計することができます。

さらに、日頃から使っている時間を記録しておくことで、隙間時間にできることがわかってきます。
たとえば、10分でメールを読むことができるとわかれば、その時間ができたときにすぐに取りかかることができますよね。

また、それは時間の使い方を記録しておくことでより簡単にできるようになります。

ぜひ続けて見てください。

突然の仕事にも対応できるように

仕事をこなすことができるようになってくると、より効率的に1日を過ごすことができてくると思います。
しかし、それでも人生は波乱に満ちています。
というのも、働いていると突然仕事を任されることがよくあると思います。
こればっかりは計画の段階では組み込むことはできません。

そんなときのために、突然の仕事に対応できるような時間をあらかじめ設定しておくことが有効です。
だいたい15分の時間を4回分くらい確保するとどんな場合でも対応できるそうですよ。

さらにその時間が余ったのであれば、それは他の仕事に回すことができます。
自分のスキルのための時間に充てたり、デスク周りの掃除の時間に充てたりすることができます。
ぜひそのときのためのワークも用意しておきましょう。