サクサクはかどる仕事効率アップ方法

>

探す時間を減らす

デスク周りの整理

デスク周りが片付いていないと、やりたい仕事に取りかかるまでの時間が長くなってしまうので、そのために余計な時間がかかってしまいます。
しかし、大胆に掃除のための時間をとるというのは、またそれで時間がかかってしまいます。
それは、1回きれいにしたからといってまた片付いていない状態に戻ってしまうから。

おすすめの方法としては、毎日15分をデスク周りの掃除の時間として設定しておくことです。
こうすることで、デスク周りが片付いた状態をキープすることができます。
また、そのときには普段の仕事の導線を考えるとより片付きやすくなります。
たとえば左右の手で分けて使うものを配置するなどです。

他にも様々な整理術が紹介されていますから、自分に合ったものを探してみてください。

パソコンの中の整理

最近の仕事風景として、パソコンを使う場面が増えていると思います。
そのため、パソコンの中も整理することができれば、さらに時間を有効に使うことができます。
ここでそのための整理方法を見ていこうと思います。

まずはファイルの名前を工夫することです。
顧客の名前、文書の内容、日付などでファイルの名前のルールを決めておくと、検索したときに見つかりやすくなります。
デスクトップに保存しておくだけでは見つかりにくいという場合にも、対応することができます。

さらにファイルを削除するときのルールも設定しておくとよいでしょう。
作業するたびに上書きするのではなく、ファイルの名前を変えて保存していきます。
そして編集が終わったファイルには完成などの目印をつけて、他のファイルは削除します。
そのようにファイルの削除ルールを設定しておくことで、パソコンの中も整理することができます。